スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新値足は陰転3手目を形成中

テクニカル分析は、中段保ち合い圏上値で遷移し、新値足は陰転3手目を形成しています。引き続き釣り合い表の一転線をレジスタンスに天井の重い状況が予測されます。

ドル円マーケットは、買い有利の状況が続き、一時148.99円まで急騰しました。これにより、ラインは一目釣り合い表の一転線を復帰しています。昨日アナウンスされた英国の11月鉱工業生産指数が前月比+0.4%、前年比-6.0%と事前予測の前月比+0.3%、前年比-6.1%を復帰したことで買いが有利となったようです。目先は一転線をキープできるか注目されますが、幅マーケット形成しているだけに今日は低上しそうです。

スポンサーサイト

現行、ヘッド&ショルダーズのネックラインにも面合わせしており、このポイントからは弱いレジスタンスが並んでいます。始値ベースで155円キープできれば、H&Sのダマシになる可能性が高まりますが、再び陰線形成となれば、戻り買いが有利になりそうです。

ドル円は商い閑散の中、一時147.10円まで急騰したものの、その後は天井も重く、結局前日比マイナスの146.17円まで低下しました。テクニカル分析は買われ過ぎ圏でで遷移し、新値足がゴールデンクロスを継続しています。目先はボリンジャー・バンドのバンド中心ラインと1シグマ下値の間で方針感を探る状況が予測されます。。

今年に入り4回ほど・・・

これで、今年に入り4回ほど、150円トライ失敗となっています。ラインは、上ヒゲ陽線を形成。一目釣り合い表の一転線はキープしていますが、昨日のマーケットで天井の重さをチェックした様子となっていることで、今日は天井の重い状況が予測されます。前日の低値148.34円を割り込むとロスカットを巻き込む低上も予想しておきたいところです。

テクニカル分析は買われ過ぎ圏まで急騰、新値足は陰転したことで引き続き方針感を探る状況が予測されます。目先は釣り合い表の先行スパン雲上値を上抜けるか、一転線を上抜けるか注目されます。

メタトレード

メタトレーダーではカナダドル/トルコリラ、豪ドル/トルコリラ、豪ドル/米ドルのトレードを実施中です。今も大炎上中のこの口座ですが、先週末に比べれば少しましになりました。先週末は証拠金のバッファが18万円辺りまで来ていたのに対し、昨日は22万円くらいまで戻ってきました。

ドル円マーケットはロスカットを巻き込み一時132.00円まで暴騰しました。引けにかけては売り戻しも入り、結局、133円ミドルで引けました。これにより、長い下ヒゲの陰線を形成しました。MACDはオシレータが拡大していることから、昨日は戻り調整局面入りする可能性が高まります。

プロフィール

主婦trader

Author:主婦trader
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。